ロケ地図.comドラマ映画の撮影地ロケ地マップ
  • メニュー
  • メニュー

ドラマ・映画ロケ地 長田神社

ロケ地図.com > ロケ地図記事 > ロケ地 > ドラマ・映画ロケ地 長田神社
みんなにシェアする

長田神社は、生田神社・湊川神社とともに神戸を代表する神社の一つになります。

長田神社について

  • 住所:兵庫県神戸市長田区長田町3丁目1−1
  • 電話番号:078-691-0333
  • アクセス:高速長田駅から徒歩約15分、長田(長田神社前)駅下車、長田神社前商店街北上徒歩5分
  • ホームページ:http://nagatajinja.jp/html/

『日本書紀』によると、神功皇后摂政元年(201年)2月、神功皇后が三韓征服後、新羅から難波に帰還する途中、武庫の水門(現在の駒ケ林あたりといわれる)で船が進まなくなったので占ったところ、事代主の神より「吾を長田国に祀れ」と神託を受け、創祀されたという。この由緒から、平成13年(2001年)には鎮座1800年を祝った。太古から長田神社と呼ばれていたが、長田社・長田宮・長田大明神・摂津本宮長田大明神とも呼ばれていた。

延喜式神名帳では名神大社、更に祈雨八十五座に列され、社に奉祀する神戸(かんべ)41戸によって護持されていた(『新抄格勅符抄』)。現在まで続く「神戸(こうべ)」の地名は、この神戸職に由来している。

文久2年(1862年)刊行の随筆『雲錦随筆』(暁晴翁(暁鐘成)・著)には長田神社の追儺式神事[1](鬼追い)についての著述が、鬼の挿絵とともに記載されている[2]。

近代社格制度のもとで明治4年(1871年)に県社に列格し、その後明治18年(1885年)に明治天皇の西国巡幸の際、初めて官幣社に列し官幣小社に、明治29年(1896年)には官幣中社に昇格した。なお、社格昇格の経緯は同じ神戸市内の生田神社と同様・同時である。

平成7年(1995年)1月17日の阪神・淡路大震災では本殿こそ倒壊を免れたものの、大きな被害を受けた。参集殿は震災時、避難所となった。氏子以下の寄進等により、平成12年(2000年)夏に復旧した。現在は境内には鳩が放されている。かつては境内には数百の鶏が飼われており、外国人からは「チキンテンプル」と呼ばれていた。その由来から祈願の際には、境内に鶏を奉納したり、鶏の絵馬を捧げる風習があった。そしてかつては氏子は鶏肉や卵を一切食さない、また、婦女の歯を鶏の羽根を用いて染める風習があった。明治時代末期まで55代、約1000年にわたり大中家が代々神職を務めてきた。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E7%94%B0%E7%A5%9E%E7%A4%BE

使われているドラマ・映画について


みんなにシェアする

ロケ地を提供する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です